読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

プロフェッショナル 脳活用法SP

脳関連 TV Memo

・プロの脳に学べ
・脳というのはとにかくポジティブなものじゃないと動かない
・ひらめきの極意
・プレッシャーに打ち勝つには
・モチベーション
・アイデアに関する悩み
・迷ったら寝る。脳は考えている寝ているときにも。
・寝る・発想法
・アイデアは経験と知識の積み重ね。
・古澤明、量子テレポーテーションを研究。
・午後6時になると帰り支度をする。
・考えるべきことがあれば、早く帰り早く寝る。
宮崎駿。映画の構想に手が止まった時、作業を中断し、昼寝。
・一時間後、眠りから目覚めたあと軽快にペンを走らせる。
・起きた瞬間が一番作業能力がある。
・眠っている間に脳の中で経験や知識が整理される。
・寝るときの条件。とことん考えてから眠る。
・考えて考えて眠る。それがプロフェッショナルのアイデア発想法。
・考え事は場所を選べ
・アイデアが出やすい場所のポイントとは・・・脳が外からの情報に邪魔されない場所。
・脳に関することは個人差が大きい。
・ひらめきはある程度情報を遮断したところで生まれる。
・プレッシャー克服法。
・プロフェッショナルはかかるプレッシャーも大きい。
・加藤博義。苦しいときにもあえて笑う。
・どんな苦しいときにも笑いとばす。
・笑顔でプレッシャーをはねのける。
・笑いの効用。笑った表情を作るだけで、考え方がポジティブになる。
・エンボディメント(身体性)。
・スイッチが入る。
・その瞬間に集中ができる。
・プロがスイッチを入れる時、脳のモードが変わる。
・集中モードを呼び起こし、目の前のプレッシャーに立ち向かう。
・モードは自分の意志ではコントロールするのは難しい。
・コントロールするに…本番前の決まりごとを作る。
・決まり事、なにかしら体を動かす。本番に向かうとき、
いつも同じパターンの動作を行うと、脳のモードを切り替えることができる。
・プレッシャーに負けてる状態は、やるべきことに脳が集中できていない状態。
・やる気が出るひけつ。モチベーションを保ち、駆け上がってきた。
・目標を成し遂げ、達成感やお金などの報酬を得る。
・憧れる人を見つける。
・よき師匠をもつことの意味。ミラーニューロン…師匠のよきふるまいを自分でも行うようになっていく。
・「小さな成功体験」を重ねていく。
・小さな成功→脳の中でドーパミン→快感という報酬が得られる。
・人のいいところを見つけてそこに注意を向ける。
・人と接するときの心がけ…その人のいいところを見つけるようにする。
・創造的な先延ばし。
・脳は目的があってそれを成し遂げる以上のことをやっている。
・他人のモチベーションをあげるには、
・しかるのはいつか褒めるための準備。
・ひとりひとりの個性を追求する。

広告を非表示にする