読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

東京百景

話の長い小説とかだと、どこで

読み区切って良いかわからず、

読み続けて、読みダレる、という

パターンがよくある。

なので、区切りやすい、エッセイ系の本を好む。

 

古本屋で見つけて、あー、又吉の本だーと

思って、ぱらぱらと立ち読みしてたら、

面白いエッセイだったので購入。

 

くるりの「東京」のことが書かれた

3節目が良かった。

 

虚構と現実を行ったり来たりするような

文章スタイルで小気味いい。

本好きが作った本ということで

本の手触りもいい。

 

個人的には東京あたりに住んでた時、あんまし

人が多いところ苦手で出かけてなかったけど、

こういう本読むと、いろいろ行っときゃ

よかったなー、と後悔する。

 

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

 

 

広告を非表示にする