読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

おみおくりの作法

映画

STILL LIFE

原題の意味をググると静物画のことらしい。

単純に意訳してまだ生きてるとか、そんな意味かなとも

思ってたけど。

 

311って時期柄、死について考えたり、

自分もめっきり年とってきたんで、親とかも、

もう死ぬんじゃね、とか、そんなことより、

俺自身もうやばくね、人間50年だっていうし、

折り返し地点がもうはるか後方になっちゃてて。

そんなこんなを思いつつ映画館に向かう。

 

主人公のひとは、去年、ワールド・エンドに出てた、

おっさんだなー、と予告編みてて気になっていて。

映画、話の流れとしては寓話的な感じもして、

静物画 ということで、写真がある種のキーアイテムになっていて、

映像としても、写真的なカットが多くて印象的でした。

写真ていう意味で言うと、去年見た、LIFEっていう映画にも

ストーリーの流れ的な意味も含めて似てるなー

という印象でした。

 

あと、気になったのは、死んだ人の娘さんの英語しゃべりが

非常に癖があったってこと。あれが英国訛りってやつなのだろうか。

ドイツ語っぽかった気もしたけど。

 

このまま、行くと自分も孤独死まっしぐらなんで、

結構ズシーンとくる内容だったんだけど、

死を想ったり、死者のことをたまに思い出して、

生について、ありがたがろうと思いました。

 

あの主人公の食事のシーチキンみたいな犬の餌っぽい

のと、パンというのが、非常にうまくなさそうにみえて、

生きてるうちにうまいもん喰っとけ、と思いました。

 


STILL LIFE - Official HD Trailer - YouTube

 

 

 

広告を非表示にする