一人会議議事録

日々是遺書

BRUTUS631 読書計画2008

気になった本をメモ。そのうち買うリスト。
そいえば、私の本好きのルーツは図鑑だったなと、ふと思い出す。

カート・ヴォネガット「国のない男」
「夏彦の写真コラム」
筒井康隆家族八景」「夜を走る」「ヨッパ谷への降下」
柳史一郎「伝説の雀鬼 桜井章一
レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー
東昭「生物の飛行」
ゲーデルエッシャー・バッハ」
中谷美紀嫌われ松子の一年」
パウロ・コエーリョアルケミスト
伊丹十三「『お葬式』日記」「ヨーロッパ退屈日記」
沢木耕太郎「世界は「使われなかった人生」であふれてる」
昭和天皇のお食事」
アクセル・ハッケ「ちいさなちいさな王様」
フレドリック・へレーン「IDEA BOOK」
ロバート・キャパ「ちょっとピンぼけ」


こんな感じかな。


BRUTUS (ブルータス) 2008年 1/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2008年 1/15号 [雑誌]

広告を非表示にする