一人会議議事録

日々是遺書

太陽の下で

すごい映画だった。真実の北朝鮮の映像を命かけて撮影、みたいな煽りに惹かれて見に行きました。最近の北朝鮮の暗殺とかミサイル発射とか、脅威に感じてる部分も興味の一部かもしれないが。

逆フェイクドキュメンタリーというか、それってひっくり返ってドキュメンタリーだよ、ひとりツッコミをいれてしまいます。ドキュメンタリーでありつつ、見方によってはサイコサスペンスでもありホラーのようでもあり、極上なコメディーのようにも見えた。少年団の日本は敵だ、みたいな教育をしてた先生は、後半、友近見たく見えてたし。

電車内の映像はフェイクじゃない部分なのか?映る乗客の目線が厳しい。独裁国家、秘密警察みたいな単語があたまをよぎる。

フェイクと素の境目が良くわからなかった。世界はそのように構成されているのだろう。

ヒロインの涙は何を意味するのか。

関連した人たちが処刑されないことを祈るばかりである。

 

映画『太陽の下で』オフィシャルサイト

 

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする