一人会議議事録

日々是遺書

白暮のクロニクル 10

ゆうきまさみ先生のマンガはなんだか発行ペースが早いなーって印象。もう次巻でラストなんだね。意外に羊殺しを引っ張ると思ったら、捕まえてたね。あとは内通者のナゾだけかな、執事がそれっぽい感じに見えるんだけど、動機はなんだろう?そうみえるってだけか?

近しいひとを看取らなきゃいかんというのは、寂しいもんだなぁ、不死者って。ちょっと無限の住人のラストを思い出す。

 

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

白暮のクロニクル 10 (ビッグコミックス)

 

 

 

広告を非表示にする