一人会議議事録

日々是遺書

この世界の片隅に

こうの史代さん原作のアニメ映画。夕凪の街 桜の国が好きで結構な愛読書になってるのだけれど、こちらの作品は漫画としては未見だったので、映画は新鮮な気持ちでみられました。なんとなくそろそろ公開期間が終わりそうだったので焦って劇場へ。いやーいい作品でした。すずさんのボーっとした感じとのんさんのほんわかとした声がマッチしてほんわかとした感じなんだけど、そこは太平洋戦争末期の日本、それも広島と軍港・呉が舞台ということで、異常な日常の世界。その世界は今生きる時代の同一線上の過去にあって、下手すると舞い戻ってしまう異常な世界なんだよなーと。WW2のあたりの話となると戦場の泥と血みたいな作品を想像しがちだけど、そんな時代でもいまとかわらず生命活動があったというのを忘れがちだな。節約のレシピと同時に時限爆弾の仕組みとかおそわらなきゃいけん世界というのは、やっぱり異常。知らず知らずのうちに世界がそういう異常ゾーンに入っていく恐怖はある、すでに入っていってるのかもしれんけど。。

ほんわかしてるけど、戦争描写がすごくて、ま、呉だからね、戦争第一目標の街だし。これは劇場の大音量で観るべき映画かもなーと思いました。

漫画買ってきてよもうかな。

 

www.youtube.com

 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

 

 

戦争中の暮しの記録―保存版

戦争中の暮しの記録―保存版

 

 

 

たんぽぽ

たんぽぽ

 

広告を非表示にする