読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

ハドソン川の奇跡

映画

なんか久方ぶりに映画館で映画見てきた気がする。見たい映画が最近ないのか、気力がないだけなのか。そんな中で見てきたのはこの映画、クリント・イーストウッド✖️トム・ハンクスという組み合わせが気になって見に行きました。

そいえば、こんな飛行機事故あったなーとうすらぼんやりと思い出してました。ニューヨークの事故だったんだ。たしかに雰囲気、911を思い出させる事件だった。ホントはみんな死んでてここはあの世でした、、なんてファンタジック?な雰囲気のフィクションもありうるけど、事実は全員助かってんだからね。ラストシーンの機長と副機長のボイスレコーダーのシーン、このシーンを極限までの緊張感の中でも、いい仕事をやり抜けるってところに感動しました。いい仕事しなきゃなーってやる気がちょっとでたし、全体的に生きることへの希望がわく映画だったような気がします。エンドロールでhimselfとかherselfとか出てたけど、乗客役で本人達が出てたってことかな?それはそれで、ホントに墜落してたらありえないことだから、そういう意味でも奇跡かな、と思った。

 

m.youtube.com

 

 

Sully

Sully

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする