読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

星やどりの声

書籍

5月くらいに書いてた記事が下書きに残ってたので、投稿してみる。

ーーーーー

 

最近、朝井リョウの小説が気になって読んでる。

っていってもコレが1冊目なんですけど。

海、新宿から快速で50分、紫陽花、寺、って雰囲気から

鎌倉あたりをイメージして読んでました。

何でもかんでも錆びさせてしまう海風の強い町のイメージ。

 小説読むとき、登場人物を役者に当てはめて読む傾向がある。

 

全体的に父性が失われた後の世界のような気がするけど、

三位一体でいうところの父と子と精霊の父が失われた世界。

バランスを失うと崩壊しやすい。

 

感情のダムがブワッと崩壊するサマは「桐島、〜」に近いなー

と思いつつ、映画しか見たことないんだけどね、と自問自答。

本はまた、違うらしいことを聞いたので、文庫本手に入れて

ちょっと読んでみようと思う。

今年は「何者」も映画化される、という。

 

 

星やどりの声 (角川文庫)

星やどりの声 (角川文庫)

 

 

広告を非表示にする