読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

サウルの息子

映画

夜と霧を振り返ったのは、最近この映画を見たから。

 

主人公サウルは収容所のゾンダーコマンド。同胞を焼却炉に送る役目。

その視点から描かれる強制収容所ホロコースト

映像はサウルを中心に描かれて、まわりがぼやけてる。

強制収容所の様子ははっきりとは見えないが、死体がそこかしこに

あるというのはわかる。

 

本当の息子かどうかはわからないけど、息子を正式に弔いたいという、

人間らしい所作に固執することで、同胞を淡々と処分しているという現実からの

逃避をしているようにも見えた。書籍の「夜と霧」を読んで、

逆に妄想を抱いているものが生き残るというか生きる力がある、みたいな

文章があったので、無意識に生きたいという方向に向かってたのかも。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

広告を非表示にする