一人会議議事録

日々是遺書

野火

あぁ、この映画を見る前に

ビールなんて飲むんじゃなかった。

 

久方ぶりの塚本映画。

なんというか、

兵士は地獄を見た、という文章を

余すところなく映像化してみました、という作品。

ただ座って映像を見ているだけなのに、

レイテ島のジャングルの中を怯えながら

徘徊しているような強いストレスにさらされた。

映画が終わって外に出た時は、疲労困憊で

ビールの酔がへんな酔いに変わって、

フラッフラな状態で家に帰りました。

 

島の自然は美しい、楽園だけど、

地面を見ると死体がゴロゴロと転がっている。

その対比がなんともいたたまれない。

楽園の中の地獄。

 

爺さん世代は、

おぞましい業を背負わされたんだな。

こんなの目の当たりにしたら、

ホントに語りたくはないし、思い出したくも

ないだろう。

70年か。長いようで短い。

 

本も読んでみようかな。

 


映画『野火』特報 - YouTube

 

野火 (新潮文庫)

野火 (新潮文庫)

 

 

 

広告を非表示にする