一人会議議事録

日々是遺書

パリよ、永遠に

パリを賭けての会話による駆け引き。

 

Diplomatie

フランス語で外交官って意味らしいので

主人公はノルドリンクなのだろう。

でも、監督がドイツ人からなのか、

どちらかというとコルティッツの苦悩の

物語な印象。

 

ホント、アクトキリング見た時も思ったけど、

自分は歴史を知らんなぁ、と。

ド・ゴールがパリを解放して、

ナチスに協力的な女性が髪を刈られる…

みたいな話は知ってたけど、ドイツ側の

パリ防衛の司令官までは知らなかったし、

パリ解放の戦闘の裏でこのような、やりとりがあったとは、

全然知らんかった。。

でも、Wikiで読んでみた限りでは、

史実とは違う印象だけれど、

コルティッツが硬軟おりまぜてパリを

破壊しなかったのは事実みたいなので。

 

映画の構成としては、もともと舞台が原作で

コルティッツとノルドリンクのほぼ2人芝居がメイン。

戦時中の2人芝居ということで三谷幸喜の「笑の大学」を

思い出した。舞台版のDVDって売ってるのだっけ?

あったら買おう。

 

paris-eien.com

 


『パリよ、永遠に』劇場予告編 - YouTube

 

 

広告を非表示にする