読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

探偵はBarにいる

映画

初日。すごい客いっぱい入ってた。
大泉洋松田龍平の探偵コンビ。
松田さんの探偵ものを見たのは今年2本目なような気がする。
安定した相棒ぶり。探偵と松田という組み合わせは
なんかわくわくとさせるというか、うれしさ感がある。


猥雑とうさんくささと飲んべいの街、ススキノを
舞台に、アクションあり、笑いあり、ほろりありの
エンターテイメント作品に仕上がってたんじゃないでしょうか。


札幌が舞台の映画を見るのはガメラ2以来なような
気もして。

札幌住みとしてはこの映画5割増しくらいなイキオイで
楽しめたと思います。あ、ここあそこじゃんみたいな感じで。
旧ロフト裏の赤レンガの道とか。
中島公園の青っぽい館とか。ススキノの道とか。
あの道場あったのは石狩のどっかかなーとか、
小樽帰りの列車から見える海とか。

まほろ見てた時もそんな感じでしたけど。


小雪さんにはいつハイボール作ってくれんダ、
妙な期待感がありましたけど、だしてたのはバーボンソーダ
だったなぁとか。なんとなく昔出てた、「回路」とかも
思い出したりして。


大泉さんの3枚目だけど、カッコいいみたいな感じをだせんのって
今この人しかいないのかもしれない。実写版ルパン3世できんのは
この人しかいないのかも。


あとは高嶋弟の悪役っぷりっていうのが、なんか新鮮だったなぁと。
最近ヤマダ電機でしかみてなかったから。


そんなかんじで、映画見終わった余韻の帰り道にススキノを
散歩して、あー、ここ走ってたな―なんて確認して楽しんでました。
あんまりススキノに地理感はないんだけど。
猥雑とした雰囲気も良いものだなと。


続編がきたらうれしい。

広告を非表示にする