読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

わたしを離さないで

映画

ちょっと前から頭のどっかに引っかかってた
映画だったんだけど、見そびれてたなぁと思いながら。
しばらくたって、ETVでやってたカズオ・イシグロのドキュメンタリー
見て、どうしても見たい衝動に駆られて、やってる映画館さがしたら
まだあったので、遠出して出かけて見に行った。


なんというか淡々としつつ、静かな衝撃がじわじわ
と来るような映画。


最後あたりの叫びのシーンで、
ムネがえぐられるような衝撃。
あと、ルースの最後のシーンとか、もうほんとやばかった。
バックグラウンドとして、
キャシーの運命を淡々と受け入れる姿とかも。


なんか周りの人間たちの見る目がまるで、
かわいそうだけど、しょうがないのよねぇみたいに
なんか生きてる肉牛をみるような目が印象的だった。


主人公たちは最初から自分の体を提供する存在として
生まれてきているけども、社会を維持するために。
それは我々だって今の人間社会というシステムを
維持させるために生まれてきて、そのシステムに
何かを捧げて、削られて、そして死んでくって構図は
変わんないんじゃないかなぁなんて。


生きるってことを考えさせられた映画でした。


映画見た後、中古で本の方も買っちゃった。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

広告を非表示にする