一人会議議事録

日々是遺書

復活した"脳の力"

NHKでやってたTV番組。
脳科学者が患った脳卒中。その復活の過程。

本の方は、たしか今年のはじめころに新聞の下の方の広告にあったのを
ちらっとみて、かなり欲しかった本だった記憶があるけど、
結局買ってない。

境界がなくなるとか涅槃とか。
ほとんど赤ん坊の状態に近い。

生まれた時は脳のすべては直観的なもので覆われていて、
そこに論理的なもの、言葉などが付け加えられていくといったイメージか。

ジルのケースは左半球の脳卒中であるが、
右半球がやれてしまった場合、どうなるのだろうか。
調べてみると、やはり麻痺と発語に障害が出るらしい。
で、落ち込むらしい。
ジルは逆に幸福感があったと言っていた。
その差はどこから来るのだろう。エンドルフィンからみかな。

ま、自分自身も脳からみの病気には気をつけているけど、
患ったとしても、絶望せずに根気よくリハビリしようと思う。
脳の再生を信じて。

本探して買ってこよう。

奇跡の脳

奇跡の脳

広告を非表示にする