読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

戦場のピアニスト

映画

3回くらい見ているが、
いつも、ドイツ将校の前でPianoを弾くあたりで
号泣してます。
あらゆる人権を無視された状態で生きていかなければならない
世界は体験してみないとわからないが、体験してみたいとも
思わない。
シュピルマンが生かされたのはなぜなのだろう。運命みたいなもの
なのか。死と生が紙一重。加害者と被害者が紙一重。
それが戦争なのだろう。
恐竜からジュラシックコードとして
受け継いだ縄張り意識、Position争いみたいなものを押さえ込まないと
戦争はなくならないのだろうか。
あらゆる視点、立場、考え方を
超えて信頼することが大事なのか。
矛盾を含んでいて難しそうであるが。
心脳問題よりむずかしそう。
今、戦争が起こると取り返しはつかない。
そんなレベルにあることを日々、無駄に二酸化炭素をはきだしている
だけの人生のなかで忘れている。

映画のシーンの中で印象的なのは、
・夕食中にドイツ兵がやってきて、車椅子ごと落とされるおじいちゃん。
・地面に伏せられて、一人一人銃で撃たれていく。最後の一人で弾切れ。
一瞬の安堵。しかし弾入れなおされて結局、死。
とかでしょうか。

緊迫している中国のニュースを見て、ふと思い出す。

戦場のピアニスト [DVD]

戦場のピアニスト [DVD]

広告を非表示にする