一人会議議事録

日々是遺書

脳関連

エクス・マキナ

人工知能に性別という概念はありえるんだろうか。チューリングテストは相手とやりとりしていて人間と判断するか否かみたいなテストだったっけ、それを更に昇華させて、人工知能相手に恋愛感情を持つか否かみたいなテストというような内容。という意味だと、…

プロフェッショナル 井上雄彦(42)

・孤高の天才 ・負けず嫌い ・レベルはあがることがあっても下がることはない ・いい人生だと、思ってる。今死んだとしても。 ・スラムダンク。セリフも効果音もなく、絵だけで描ききった40ページ。 ・バガボンド。人間の暗部を描く。 ・手に負えないことを…

奇跡の脳

気になってたので買って読みました。 脳の可塑性すげー。 ちょっとこれで脳卒中になっても希望捨てなくて すむかもと、思ったり。 主に左脳系方面のだけど、脳機能が崩壊していく、 描写はさすがにすごい。奇跡の脳作者: ジル・ボルトテイラー,Jill Bolte Ta…

復活した"脳の力"

NHKでやってたTV番組。 脳科学者が患った脳卒中。その復活の過程。本の方は、たしか今年のはじめころに新聞の下の方の広告にあったのを ちらっとみて、かなり欲しかった本だった記憶があるけど、 結局買ってない。境界がなくなるとか涅槃とか。 ほとんど赤ん…

プロフェッショナル

・負けるな日本 ・ジャンボジェット機 ・半導体製造装置 ・H2ロケット ・そのすべてに携わった男がいる。 ・へら ・日本のモノづくりを ・松井三都男 へら絞り職人 ・松井さんに任せればできないものはない。 ・究極の職人技を伝授する。 ・腕一本、それが男…

クオリア立国論

良質な質感を感じさせるような景観 サービス、文化っていうようなものを 地方から発信していかないと、 この国はおもしろくならんのかもね、と 思っちゃいました。クオリア立国論作者: 茂木健一郎出版社/メーカー: ウェッジ発売日: 2008/12メディア: 単行本 …

のうだま

「キッパリ」の上大岡トメさんと「海馬」の池谷裕二さんで お送りするやる気関連の本。淡蒼球、これにスイッチを入れる必要がありそだな。 なんかぐだぐだしそうなときはとりあえず散歩にでかけるように しようかな。とりあえず正月太りが大変なことになって…

プロフェッショナル 脳活用法SP

・プロの脳に学べ ・脳というのはとにかくポジティブなものじゃないと動かない ・ひらめきの極意 ・プレッシャーに打ち勝つには ・モチベーション ・アイデアに関する悩み ・迷ったら寝る。脳は考えている寝ているときにも。 ・寝る・発想法 ・アイデアは経…

プロフェッショナル 柳家小三治

・真打、登場 ・職業、落語家・柳家小三治 ・笑わせるんじゃない、笑ってしまうのが本当の芸。 ・68歳。孤高の落語家。 ・どうしたら面白いんだよ ・芸の神髄に迫る。100人目のプロフェッショナル。 ・1年中、全国を飛び回る。 ・高座に上っているとき以外は…

脳を活かす仕事術

やっぱり、アウトプットしなくちゃだみなんだね。 感覚系ばかりを鍛えても、単なる批評家で終わっちまう。 手を動かして、駄目だと思ってもモノをガシガシと作っていかないと 運動系の神経は成長しないってことか。。。ちょっとこのごろアウトプット系をさぼ…

ゆらぐ脳

風呂場でまた〜りと読了。 ちょい、のぼせる。。本をよく読むようになったのは、池谷裕二さんの「海馬」を読んでからかな。 30代に備えて。これを読むと科学者の世界もいろいろと大変そうだな。 なにはなくともまず予算をとらなきゃ、の世界だからね。 ま…

ひらめきの導火線

茂木本が売ってたので、購入して読む。 日本人論って感じかな。今の日本人がどれだけ、負けと感じてくれるか、 それが問題なような気もする。日本の企業は個人情報、セキュリティーを重視するあまり、 シェアせずにどんどんはなれ小島の様相を呈している よ…

プロフェッショナル

・ポニョ、たんじょう ・映画監督、宮崎駿のすべて。ポニョ密着300日。 ・300日に渡って、宮崎を追う。 ・人生のすべてをかけて、映画を作る巨匠の姿 ・宮崎駿、最後の長編。 ・こだわったのはCGを捨て、愚直に手書きにこだわること。 ・知られざる、どん底…

プロフェッショナル 脳活用法SP

・脳は何歳でも鍛えられる。 ・脳の取り扱い説明書。大公開。 ・仕事がはかどる"集中術" ・東京大学で脳科学の研究会 ・専門用語のオンパレード。 ・なぜ、脳から心がうまれるのか。 ・クオリア・・・質感 ・質感を脳がどのように美しいと感じるのか、それを解…

プロフェッショナル

・才能とは努力を継続できる力。 ・棋士・羽生善治 ・何も考えずただ無心に歩く。 ・今はあえて白紙で勝負に挑む。 ・羽生は一息つく間もなく、盤面に向かう。 ・棋士・羽生善治35歳。 ・震えるほどの決断 ・七冠からの陥落 ・知られざる10年。 ・宿命の対決…

プロフェッショナル イチロー

・伝説を越えた男 ・野球選手・イチロー ・のしかかる重圧 ・弱い自分を隠したかった。 ・プレッシャーはかかる。逃げられない。自らプレッシャーを掛けよう。 ・バッターボックスでしか感じられない雰囲気、におい、あそこでしか生まれないもの。 ・「イチ…

プロフェッショナル トークスペシャル 

なんか、ひさしぶりにメモ。 ・こころに響く言葉がある。 ・アートディレクター・佐藤可士和。 ・考えた量は伝わる ・広告の基本は見てもらえないもの。 ・アートディレクター=医師。 ・医師が診察するように依頼を受けた案件を丹念に紐解いていく。 ・デザ…

プロフェッショナル トークスペシャル 

・リーダーたちはかく語りき ・坂本幸雄・・・半導体のリーダー ・リーダーとしての資質・・・部下にある種の夢を持たせる。 ・勝負の決断はこう下せ ・迷いない、即断即決 ・社長と社員の距離が近い。坂本さんと呼ばれる。 ・会社にはいったら同じところで仕事を…

フューチャリスト宣言

梅田さんと茂木さん。私の中では最強の組み合わせ。 俯瞰性が大事らしいね。 玲瓏ってやつっすかね。 ダーウィン的に、 いろんなところに首つっこんでみましょうか。 それにしても、梅田さんはなんかネーミングがうまいな。 音楽で例えるとクラシックみたい…

プロフェッショナル 負けることから独創が生まれる

・負けて、勝つ ・建築家、隈研吾 ・独創に挑み続ける男 ・やるんならやろうぜ ・制約を逆手にとれ ・”負ける”建築 ・発想の根はゆずらない ・負けることから独創が生まれる。 ・隈は照れ屋。 ・会いたいといわれれば、なかなか断れない。 ・興味がわけば、…

プロフェッショナル

・巨人、動く ・映画を創る。映画監督、宮崎駿、66歳。 ・2006年春、新作映画制作はじまる。 ・孤独に追い込む。 ・風呂敷を広げる。 ・朝はまず、1杯のコーヒーを入れる。 ・アトリエの前にベンチを置く ・そして机に向かって絵を描く。 ・仕事に直接関係し…

プロフェッショナル 南場智子

・仕事こそが人を育てる。 ・ITベンチャー企業、DeNAの社長さん。モバゲー、モバコレ。 ・その女性、全力疾走。 ・8年前に5人で始めた会社。 ・南場は建前が嫌い、率直にものを言う。 ・人は仕事によって育てられる。 ・1日のページビュー2億。 ・前のめりに…

プロフェッショナル 渡辺誠一郎

・シリコンバレーのサムライ ・技術開発のプロ。 ・最先端の小型デジタルカメラ。 ・技術者たちに笑顔で注文をつける。 ・ベンチャー企業CTO渡辺誠一郎 ・シリコンバレーの荒波を潜り抜けてきた日本人。 ・シリコンバレーを生き抜いてきた男。 ・40代で企業…

脳はなにかと言い訳をする

電車に乗ってる時間が延びたので、 たまってる大き目の本を片付けるシリーズ。 脳波でこう、童夢みたいな超能力対決ができる Gameがあったら面白そう。目を閉じるだけで睡眠と同じような記憶の整理状態になる ってのはいいこと聞いた。バイオフィードバック…

プロフェッショナル 仕事術SP

・明日から使える仕事術スペシャル ・危機管理術。 ・新浪剛史の独自の危機管理術。 ・社内の気を感じる。 ・挨拶してもPCをみていたり、挨拶に反応しない人は危険信号 ・職場の空気を敏感に感じることからはじめる。 ・社内はフリーアドレス。同じ場所で仕…

プロフェッショナル

・心のままに荒野を行け。漫画家・浦沢直樹 ・一億冊を売った男。 ・ライブハウスでロックを歌う男、47歳。 ・天はこの男にロックとは別の才能を与えた。 ・漫画の神に愛された男。 ・連載20年の代償。 ・戦う相手は、自分。 ・20世紀少年。最終章の苦悩。 …

すべては脳からはじまる

最後のほうに載っていたSystemと個人の格差の話が結構、 頭に残ってるかも。 今時分はここら辺の興味から離れられないからかもしれない。 あと、自己批評性が必要って部分が響いてる。 茂木さんの脳関連の本がもう一冊「異端の脳がホンモノ」 これを今年中に…

微小脳

昆虫、侮りがたし。 Wiiを買う、早朝の寒い中、行列待ちで読んでました、この本。 あのちっぽけな体にそんな繊細な脳がはいっとるんですなぁ なんて関心しながら読んでおりました。 ハチの8の字ダンスとか、結構興味深げでした。 なんか、茂木さんとこのブロ…

脳のからくり

今日、移動とかの暇なときを活用して読みきった一冊。 脳入門として、ものすごくわかりやすい。入り口としては最適なのでは ないでしょうか。いままで読んできた脳関連の書籍の復習も兼ねられて 結構、頭ン中が整理できたような気がする。 この本に載ってた書…

プロフェッショナル 横井昭裕

・すべての仕事はここから始まる ・企画っていうのは脳にとってはつらいこと。 ・たまごっちの作者。 ・常識やぶりの企画マン、横井昭裕 ・遊びがおもしろいってのはおもちゃの基本だよ。 ・企画の命は、トゲ ・夢を真剣に遊ぶ ・赤字商品の連発。 ・奇想天…

プロフェッショナル 新浪剛史

・16万人を率いる男。コンビニエンスチェーンの経営者。 ・47歳の社長。 ・経営者。新浪剛史 ・考えるのは社員。 ・一緒にやってて、社長なんか使えばいいんだよ。 ・社長失格 ・31年目の大改革。 ・8400店舗への説得。反対する加盟店 ・自分をさらけ出す。 …

プロフェッショナル 石原正康

・ベストセラーはこうして生まれる。 ・その男、ベストセラー請負人 ・ベストセラー連発 編集者・石原正康 ・なぜか、並み居る作家に火をつける。 ・作家の心を動かす男。 ・初仕事の重圧。裸になるしかなかった。 ・孤独に光をさす。 ・新作長編に緊急事態…

心と脳の正体に迫る

だいぶ前に読み終わった本。 天外さんの書籍では2冊目。 話がぽんぽんといろんな分野に飛びまくっている。 植物にも心があるかの下りが好きかも。 さすが100ノーベルの分野だ。 一筋縄じゃ、心脳問題は片付かなさそう。心と脳の正体に迫る 成長・進化する意…

AERA('06.8.7)を買う。ウェブ2.0で働くという記事と 梅田さんと茂木さんの対談記事目当てで。 良性のスパムがWeb上に発生した時にWeb3.0になるとか、興味深げな話をしてました。 脳にとってのノイズ。WEB内のスパム。 カヤックがイタリアに1月、仕事場を移…

IQ

茂木健一郎さんと佐藤雅彦さんの4/23日の対談を いまさらながらPodcastingして聴く。 聴いているとやっぱりさなぎになる時期が必要ではないか みたいな話をしていた。 音声で聴いているだけだと、表情がわからないんで 妙に間が大きいと、佐藤さんとかホンと…

プロフェッショナル

・机にいたって、何もはじまらない ・職業:ゲーム開発。植村比呂志。「現場にでろ、答えはそこにある。」 ・どうしたら子供が喜ぶかアイデアをだす。 ・現場に出ろ、すべての答えはそこにある。 ・ゲームを変えたサラリーマン。 ・突然の部署解体。 ・現場…

自分の頭と身体で考える

積読シリーズを電車で片そうキャンペーンの第一弾として、この本を片付けてみた。BookOffとかで養老さんの本が安く売ってるとついつい買ってしまうのだが、つんどかれて放置という状況がつづいたんで、電車内読みで片すことにしました。結構片付けられる。甲…

「複雑ネットワーク」とは何か

「複雑ネットワーク」とは何かキーワードとして気になっていた、スモールワールド・ネットワーク、スケールフリー・ネットワークという知見を吸収する意味で購入してみた。 赤の他人でも大体6人くらいの知人を介せば到達する。 この本ではハブの重要性を訴え…

クオリア入門、脳とコンピュータはどう違うか

こう立て続けに脳関連の本を読んでくと、ヒューベルとウィーゼルがなんか昔から知ってる人みたいになってきた。 基本的には頭にはあんまし、入ってないんですけど。この本読んだあと、もう一回考える脳考えるコンピュータとか読み直すといいかもしんない。や…

プロフェッショナル

・商品企画部長 佐藤章←この男の周りには熱気と本気が渦巻いている。 ・間違えてもいい、自分を出せ、次! ・会議室が主戦場。 ・30代、会社にいけなくなった。どん底で見つけたヒットの法則。 ・悩む部下。壁を越えさせたい。 ・2秒の世界で戦う。コンビニ…

プロフェッショナル

・心地よい家はこうして生まれる 建築家 中村好文 ・住宅設計の匠 ・吉岡賞受賞 ・着心地のよい、普段着のような家 ・家とは究極の商品。モノつくりの極意がある。 ・事務所で食事を楽しむ。楽しくなければ心地よいものはうまれない。家には遊び心がいっぱい…

Interigence Dynamicsのつづき3

もう2日もたつと、さっぱり思い出せない。 とりあえず、北杜をロックでがぶっといただいていると、頭痛が消えるのでアル中に認定。ほろ酔い気分…●小嶋秀樹さん:子供からみたロボット・ロボットからみた子供ー育ちと育ての現場からみたコミュニケーションの…

INtelligence DYnamics その2

とりあえず、手書きメモを電子化…。アル中かな…頭いてぇ… 一日たつと余計わからないMemoになってる…とりあえず写そう…●南野活樹さん:多様な経験から生み出されるインテリジェンス・モデル ・デザイン型アプローチ⇔環境に適応させたコミュニケーション。身体…

Intelligence Dynamics

というか、起きてちゃんと行けたことを褒めてあげたい。品川の駅でほとんどの人が話していないのに歩く音がゴゴゴゴゴ…と鳴っているのをちょっと異常だなと思った。ソニーの10号館に到着。インテリジェンス・ダイナミクス2006を観てきた。 2日酔い状態なんで…

脳と仮想

茂木さんのブログのエイプリルフール(四弁桜)に見事にだまされ、まじまじと桜眺めて四弁桜探しちゃった。なんかくやしい。桜いっぱい見られたから、まいっか。 「ねぇ、サンタさんていると思う?」 エイプリルフールもまた、仮想の世界だな、と思った。私…

海馬

脳への興味の入り口。糸井さんと池谷祐二さんが対談形式で脳、主に海馬について語り合う。・一流と言われる人は意外とおしゃべり ・脳は疲れない。 ・もの忘れがひどいは勘違い。 ・脳の本質は、ものとものとを結びつけること。 ・30歳をすぎてから頭はよ…

Podcastで茂木健一郎さんと佐藤雅彦さんの対談を聞く。 対・人との関係性の中だけで生きてきている人は燃え尽き症候群になりやすいという解釈をしてみました。対・自然で生きている人は不思議ちゃんと呼ばれるかもしれないけど、人生を楽しむことができる。…

あるある

・疲労物質。コルチゾール。 ・疲労回復の鍵は「脳」。 ・あなたは今日だれと話しましたか? ・身体のアラーム。脳のどこから出ているのか。 ・疲れが取れやすい人ほど、脳の前頭眼窩野が活性。人とのコミュニケーションをつかさどる場所。疲れをとれと命令…

土曜塾

天才になる方法 メモる。・天才になるにはどうしたらいい。 ・天才の種は誰の脳にもある。 ・ひらめき、創造性。 ・天才の種をどう育てるか。 ・ニュートン。万有引力。林檎が落ちるのを見てひらめく。 ・ひらめき、一日のうちに何回も起こっている。 ・情報…

脳と買い物

メモメモ・神経経済学 ・アメリカを中心に ・どうやって買い物しているか。 ・2秒間くらいで選んでいる。 ・皆さんの選択で経済が変わる。 ・このようなことを説明するのが神経経済学 ・人々はコストを度外視して考える場合がある。 ・経済合理性 ・実際の人は…