読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人会議議事録

日々是遺書

トランプは世界をどう変えるか?

パワーバランスとか、そういうの考えるの楽しいよねーなんて、本書を手にする。
トランプという人物が大統領に就任することによって、世界がどう変わるか。そいうところにどうしても興味が湧いてしまう。
バイアスかけて、物事を判断するのはダメだね。データとか現場から見えてくる空気とか、そういうところから情勢を判断してかないとアカン。そういう意味で言うと今、日本から見えるデータは絶望的だけど、個人的にできるところから変えてかないとねぇ。。社会のステイシーになっちゃうからね。大衆というのは危うい方向にいっちゃうと制御しきれなくなるっていうのは、タイムリープもののSFのように何度も歴史に登場してきたからね、ちょっとは学習しないと。
トランプが赤狩りのDNAをひいてるかも、というのは、興味深い知見でした。アメリカと関連する国々の動向をウォッチしていかねば、とエセ国際学者っぽい感じで臨んでいきたいと思います。

 

 

 

 

You outside my window

きのこ帝国、聴きたくなって今聴いてる。影ある曲の方がやっぱいいなー、きのこ帝国は、去年出てたっけ?アルバム聴いてないもんなー。。お気に入りのきのこ帝国集をプレイリストにつめて、朝がだんだん明るくなってきたので、散歩しながら聴こうかしらねー。最近、AppleMusicで新譜ばかり漁ってたので、ちょっとお気に入りの曲とか一旦振り返りたい症候群にかかりだしているのかも。。

 

 

フェイクワールドワンダーランド

フェイクワールドワンダーランド

 

 

 

You outside my window

You outside my window

  • きのこ帝国
  • ロック
  • ¥200

 

 

広告を非表示にする

二人展 〜ギャラリープルプル

旭川旅のよだん3

先週は旭川にいたんだなーと思い出しつつ、薄れ行く記憶をメモ。

 

chi-ron-nu-p.hatenablog.com

 

「クマよ」を買ったこども富貴堂のとなりにある、ギャラリープルプルで2人展というのをやってたので、見てくる。ギャラリープルプルはあべ弘士さんが中心になって開いてるようだ。

 

www.liner.jp

 

kawauso-club.com

 

家にアート飾りたいんだよねー症候群にかられてるんですけど、保管に自信がないです。価格も手が届きそうだったんで物欲がそそられました。

竹上妙さんでいえば、ネコの青い版画「明日は晴れる」が欲しくなり、

takegami-tae-hanga.jimdo.com

 

紅露 はるかさんでいえば、「流星群」が欲しくなりました。

 http://harukaharu.fc2web.com/

harukaharu.fc2web.com

 

いつかArtを飾りたいなーという願望をモチつつ、心のほしいものリストに追加する。

 

ギャラリーを出た後は、飯だー!と思い、旭川といえば、ホルモンだー!と思い、ググって有名所を4件くらい、回ったけど、予約がないとだめですー、みたいな感じでシャットアウト。。週末の旭川なめてたぜい、と思いつつ、とりあえず5件目で空いてる焼肉屋を見つけたので、そこでホルモンとジンギスカンを食して、旭川を後にする。

うん、結構、旭川って楽しめるとこだったんですな、また行こ。

 

 

 

 

 

A Hundred Suns

BOOM BOOM SATELLITESの新譜。今週はこのアルバムばかり聴いてたかな。音の中で生きている。聴いてる間は考えてないけど、聴き終わって無音の空間になった時、死とか遺伝子とかミームとかのことを考える。何かを残せるってすばらしいことだなーと。自分も何か残せるだろうか。

 

www.gizmodo.jp

 

www.cinra.net

 

www.youtube.com

 

 

19972016(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

19972016(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

 

 

 

A HUNDRED SUNS (2017)

A HUNDRED SUNS (2017)

 

 

広告を非表示にする

太陽の下で

すごい映画だった。真実の北朝鮮の映像を命かけて撮影、みたいな煽りに惹かれて見に行きました。最近の北朝鮮の暗殺とかミサイル発射とか、脅威に感じてる部分も興味の一部かもしれないが。

逆フェイクドキュメンタリーというか、それってひっくり返ってドキュメンタリーだよ、ひとりツッコミをいれてしまいます。ドキュメンタリーでありつつ、見方によってはサイコサスペンスでもありホラーのようでもあり、極上なコメディーのようにも見えた。少年団の日本は敵だ、みたいな教育をしてた先生は、後半、友近見たく見えてたし。

電車内の映像はフェイクじゃない部分なのか?映る乗客の目線が厳しい。独裁国家、秘密警察みたいな単語があたまをよぎる。

フェイクと素の境目が良くわからなかった。世界はそのように構成されているのだろう。

ヒロインの涙は何を意味するのか。

関連した人たちが処刑されないことを祈るばかりである。

 

映画『太陽の下で』オフィシャルサイト

 

www.youtube.com

 

 

広告を非表示にする